労働組合

真実を歪曲することで自己正当性を主張する永島Pを嘲笑する|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

首都圏青年ユニオン連合会は、いわゆる労働組合法に定められる労働組合ではないという決定を東京都労働委員会からなされています。この決定に関しては、「グランティア社との関係でのみ救済が必要な労働組合ではない」ということを「労働委員会が」決定したに過ぎません。 他方で、共産党を支持する労働組合の場合、「警察の」調査対象団体であるという政党の傘下にあるということは、当該労働組合も調査対象になっている可能性が […]

続きを読む

共産党員を警察官が採用しない理由|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

ネット上を見渡すと、共産党員は警察官になれないという記載をよく見かけます。 事実、警察組織内に共産党員がいるかどうか不明ですが、共産党と警察が犬猿の仲であることは明らかでしょう。 事実、毎年発行される警察白書には、テロ組織と同格で、日本共産党の動向、全労連の動向などが記載されています。 令和3年度の警察白書によると、(以下引用) 日本共産党は、労働者への影響力の拡大に向け、同党の指導・援助により結 […]

続きを読む

発言力の重要性|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

こんにちは。西園寺です。 昨日、私のSNSアカウントが「馬塲氏」と間違われていることを記事上でご報告させて頂きました。 正直、私は、「永島氏やばいな。。」と感じたのですが、他の組合員の方から、「それだけ発言力が増している証拠」と言って頂きました。 有り難い限りです。 私も労働組合活動を通じて、馬塲氏と間違われる程の主張を展開できるようになったということです。 このような主張が展開できれば、社会問題 […]

続きを読む

千歳会労働組合幹部に対する外国での訴訟に関する通知についてお知らせいたします|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

(通知書全容 以下、文章のみ掲載) GLOBAL UNIONの外国訴訟参加の通知 千葉県医療労働組合連合会の書記長である永島達哉氏(以下「永島氏」という。)及び貴殿らが一体となって馬塲亮治氏(以下「馬塲氏」という。)に対して行った誹謗中傷行為に対して、先日、馬塲氏が外国での訴訟提起を行ったことにつき、以下の通り、通知する。 第1 馬塲氏の海外訴訟への参加について この度、当労働組合の上部労働者団体 […]

続きを読む

労働者からの搾取を繰り返すしかない既存労働組合|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

既存の労働組合は、当然のことながら、首都圏青年ユニオン連合会が現在の体制を作り上げる前に、労働者が一致団結し、組合員の善意で次に困った組合員のために、解決金の中から、一部を寄付する制度をとっていたことを強く批判をして、「解決金目的だ!」と批判を繰り返していました。 監視対象団体である共産党の支配下にいる労働組合は、基本的にマイノリティですので、多数派の意見を恐怖とも似たように否定をします。 国会議 […]

続きを読む

永島氏へ。残念ながら、馬塲氏と同意見の労働者は沢山います。|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

-首都圏青年ユニオン連合会が急拡大している理由― こんにちは。首都圏青年ユニオン連合会の西園寺と申します。 たまに記事を書かせて頂いているのですが、今日は、以前から当組合に対して嫌がらせ行為を繰り返している、千葉県医療労働組合連合会の永島氏が、なぜか私のことを架空の人物だと思っているようなので、氏名入りで記事を記載させて頂きます。 まず、私の見解を述べさせて頂けば、「永島氏は馬塲氏に夢中になりすぎ […]

続きを読む

無料の労働組合を妨害し続けた代償|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

先日、永島氏が「海外で訴訟など起こせるはずがない」という旨の私見をSNSにアップされておりましたが、昨日、無事フィリピンの裁判所において、当組合の提出した訴状が受理されました。 まあ、要件を具備していましたので、当然と言えば当然なのですが。。。 永島氏の根拠ない「海外で訴訟など起こせるはずがない」という発言を信じてしまった方もいらっしゃるかと存じますので、本日も、受理された訴状を公開させて頂きます […]

続きを読む

千歳会労働組合の内山美和子氏、丸橋裕子氏への訴訟提起についてのご報告 その2|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

「千歳会労働組合の内山美和子氏、丸橋裕子氏への訴訟提起についてのご報告」でも記載させていただいた通り、日本の司法制度はご存知の通り海外諸国と比べると大きく遅れています。 アメリカは訴訟大国と言われていますが、アメリカの考えを大きく引き継いでいるのが、今回当組合が訴訟提起を行ったフィリピンです。皆さん、英語圏のイメージが強いでしょうが、法律体系もアメリカと同様で、訴額も大きくなりますし、自己責任の原 […]

続きを読む

千歳会労働組合の内山美和子氏、丸橋裕子氏への訴訟提起についてのご報告|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

本日は、最近、当組合への嫌がらせ行為を激化させている、「千歳会労働組合」に対する訴訟提起に関し、ご報告させて頂きます。 最近の、当組合に対する目に余る嫌がらせ行為に対し、当組合員の中から、「訴訟にて対応すべき」との声が多数上がっておりました。しかし、当組合は、千歳会労働組合とは異なり、「他組合への嫌がらせ行為が活動内容」ではなく、あくまで組合員のための権利回復・権利向上活動を行う組織であることから […]

続きを読む

スリランカ人女性死亡事件に見る入管難民認定法改正の問題点|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

今年8月、名古屋出入国在留管理局の施設に収容されていたスリランカ人女性が死亡するという事件が起きました。 当時、国会では、論戦が繰り広げられ「法務省は事実関係を説明していない」と繰り返す野党の徹底攻勢により、法案取り下げとなりました。 今回の、入管難民認定法改正に関しては、このスリランカ人女性の事件で、入管施設での待遇などが問題視され、明るみに出ました。 共産党は、当然に反対の立場を主張しましたが […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます