労働組合

医労連の古い体質|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

永島Pは、過去に自身のSNSにおいて、当組合の海外在住の組合員について、リアリティがないと発信をしていました。 コロナ禍で、企業と労働者間ではリモートワークが主流になりました、しかし、組合専従者と組合員が顔を合わせないと、組合活動ができないという意味なのでしょう。 労働組合活動は仕事でもないのに、顔と顔を合わせることを殊更要求するような、非常に煩わしい労働組合に、誰が入りたいと思うのでしょうか。 […]

続きを読む

ブラック労組とは?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

皆さんはブラック労組という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 組合員を食い物にし、解決金の中抜きを行い、解決のためには暴力も厭わない労働組合が存在します。 具体的には、「首都圏青年ユニオン」のことをネットで調べると、恫喝されたや悪質な労働詐欺や組合員を怒鳴りつけるなどのパワハラを行い、労働者を喰い物にするなど、多くのコメントが寄せられています。 本来「労働組合」とは、労働者が主体となって自主的に労 […]

続きを読む

共産党の危険性|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

最近では、統一教会と自民党などの保守系政党との関係が連日報道されています。 保守系政党も統一教会も監視対象団体ではありませんが、監視対象団体である共産党(※公安調査庁調査対象団体)と首都圏青年ユニオンは、共産党の機関紙である「赤旗」に馬塲亮治特定社労士事件の掲載をしてもらうほど、密接な関係にあります。 共産党の機関紙に馬塲亮治特定社労士事件を掲載した目的は、共産党が、首都圏青年ユニオンの組合員を党 […]

続きを読む

児童相談所と労働委員会の必要性|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

行政の縦割りによる、不具合というのは至る所に存在するものです。 最近では、児童相談所と警察の連携において、児童相談所の存在意義に疑問を持つ声が起きた結果、情報連携をするようになっています。 さて、法定内労働組合が救済を求める労働委員会も、労働基準監督署と全く連携していません。 労働基準監督署は、厚生労働省の出先機関で、個別労働条件の取締機関です。 労働基準法、労働安全衛生法といった取締法規に違反し […]

続きを読む

労働委員会の限界|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働委員会は、労働組合法第19条に規定される、労働者の団結擁護・労働関係の公正な調整企図を目的とする行政委員会のことを言います。 さらに、都道府県労働委員会とは、地方自治法により都道府県に置かれる行政委員会であり、職務は、労働組合法等の法令に基づき労働組合の資格の立証を受け及び証明を行い、並びに不当労働行為に関し調査し、審問し及び命令を発し、労働争議のあっせん、調停及び仲裁を行い、その他労働関係に […]

続きを読む

旧統一教会と日本共産党|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

旧統一教会問題が連日報道されていますが、旧統一教会がいかにして、政府中枢に近づいていったのかが明らかになりつつあります。 人を拠出したり、寄付金を渡したりすることで、政府の重要人物に近づいていったように感じます。 人とカネを使って、政党を意のままに操ろうとする姿勢は、首都圏青年ユニオンと日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)に非常に似ているような気がします。 首都圏青年ユニオンも、若い組合員などを […]

続きを読む

旧統一教会(世界平和統一家庭連合)と日本共産党の類似点|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題が連日報道されていますが、これに関して、一番問題視している政党は日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)です。 理由は至ってシンプルなもので、元々旧統一教会(世界平和統一家庭連合)は反共組織としての側面を持っていたことから、自民党に近づき、反共という共通の認識のもと活動を行なっていたので、日本共産党からしてみると、党を潰してくる敵という存在になるからです。 旧統 […]

続きを読む

首都圏青年ユニオン。馬塲亮治特定社労士事件に関して海外訴訟で大敗か|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

馬塲亮治特定社労士事件に関して、山田、原田の両氏は日本における訴訟で、被告を個人ではなく、首都圏青年ユニオンに切り替えました。 この結果、日本国内の裁判所では行為の主体は首都圏青年ユニオンと認定され、掣肘を加えられることになってしまいました。 現在、馬場氏は海外での訴訟に移行しており、フィリピンにおいて訴追をおこなっています。 今月の8日にも期日がありましたが、首都圏青年ユニオンは、何ら対応するこ […]

続きを読む

世界における共産主義の現状|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

この地球上には、多くの国家があります。 その中にあって、共産主義国家と言われる国は全部で5つ。 中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、ベトナム、ラオス、キューバです。 それぞれ、政治の中枢を共産党や労働党が担い、国家、国民を管理下に置いている国です。 この5カ国をみていただければ分かると思いますが、独裁者然とした為政者の下で、国家運営を行い、国民は果たして裕福に暮らしているのでしょうか? 日本に […]

続きを読む

政教分離にみる組織のあり方について|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

安倍元首相殺害事件以降、旧統一教会と自民党との接近ぶりが連日報道されていますが、ここにきて若干論調にも変化が見られます。 宗教団体と政治の話となると、政教分離の原則の話になるのですが、そもそも公明党と創価学会の関係や、連綿と続いてきた勝共連合と自民党の関係、そのほかの宗教団体も一定の政治団体を応援しているというのは意外と知られている話です。 政治の世界には、一定の数を持った団体が、自分たちの立場を […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます