労働組合

その「業務委託」本当に大丈夫ですか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働問題を扱う際に、問題となるのが「労働者性」です。  一般のサラリーマンなどは分かりやすいのですが、いわゆる「業務委託」や「アソシエイト契約」と言われるような働き方を選ぶフリーランスなどの方などの労働者性については注意が必要です。 ※ 首都県青年ユニオンでは個人事業主や会社経営者が、自身の会社以外で雇用契約をしている場合には労働者ではないものとして、救済をしないそうです。しかし、これは、法令上明 […]

続きを読む

セクハラで労災認定という画期的な認定が出ました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

10月22日付の日本経済新聞によると、正社員として勤務していた20代の女性が、 ・上司にしつこく食事に誘われる ・誕生日に最寄り駅までつきまとわれプレゼントを渡される などの、セクハラ行為により、「重度ストレス反応」の診断を受け、退職に追い込まれた事件で、立川労働基準監督署は本件を労災認定していたことが明らかとなりました。

続きを読む

労働組合に法人格は必要なのか?②|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

SNS上で話題沸騰中の、首都圏青年ユニオン連合会ですが、ささきりょう弁護士がTwitter上で、「首都圏青年ユニオン連合会は、首都圏青年ユニオン連合会という商標を登録しようとしましたが、首都圏青年ユニオンが既にあるので、商標登録を拒絶されています。」(@ssk_ryo・一部抜粋) と、呟き、首都圏青年ユニオン連合会に入らないようにと啓蒙されています。

続きを読む

労働組合に法人格は必要なのか?①|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働組合を法人登記しようとする場合、労働組合法に適合する組合である必要があります。 法定内労働組合と認められる規約の下でしか設立ができないことになっています。 より自由度の高い労働組合を結成しようとした場合に、個人で結成する以外に組成することができません。これは、憲法が保障する団結権などにおいて違憲状態にあるおそれがあります。

続きを読む

最新の記事情報が取得できます

今すぐお問い合わせ

労働問題24時間無料相談窓口

即時解決

24時間対応

土日祝もOK