労働組合

悪質労務コンサルタントの暗躍|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

私たちの元に、驚くべき情報が入ってきました。 それは、千葉県医労連の永島Pが過去に首都圏青年ユニオン連合会が交渉を行っていたZ社の経営者と接触し、情報収集を行い、団体交渉を妨害していたというものです。 千葉県医労連永島Pについては、もはや説明不要かもしれませんが、過去の遺物の如き労働組合に固執し、組合員から組合費を搾取し、組合員の人権も無視しながら保身のために活動を行なっている労働貴族です。 Z社 […]

続きを読む

千葉県医労連及び千歳会労働組合によるスラップ訴訟は欺瞞に満ちたものであると言うことが証明されました|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

先般から、私たち首都圏青年ユニオン連合会を執拗なまでに攻撃し続けてきた永島P率いる、監視対象団体である共産党を支持する千葉県医労連と千歳会労働組合ですが、労働委員会の判断により、スラップ訴訟であることが証明されました。 ※ 共産党は,第5回全国協議会(昭和26年〈1951年〉)で採択した「51年綱領」と「われわれは武装の準備と行動を開始しなければならない」とする「軍事方針」に基づいて武装闘争の戦術 […]

続きを読む

大阪国税局に対して懲戒請求を行いました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

既報のとおり、京都にある税理士法人みらい経営(代表:神緒美樹)は、これまでの不誠実極まりない対応を繰り返すことに終始し、一向に事態を改善させる石がありません。 当組合員に対する言われなきパワハラの濡れ衣を着せ、一方的に解雇する税理士及び税理士法人に対して、首都圏青年ユニオン連合会は、立ち上がりました。 税理士法第41条の2には「使用人等に対する監督義務」という税理士特有の方が整備されています。 税 […]

続きを読む

ユニオンが最も個人情報を守ることができる理由|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働組合は、ご存知の通り、働く皆さん、労働者のことを一番に考えるべき組織です。 昨今、個人情報の保護が声高に叫ばれておりますが、この個人情報を商材として販売を行なっている企業も少なからず存在します。 例えば、「名簿屋」などと呼ばれる企業がその一つと言えるでしょう。 彼らの中には、会社を訴えた人をリスト化し、ブラック人材として企業に販売するような輩も存在しています。 企業側も、訴えられては困るのでこ […]

続きを読む

憲法上違法な労働組合が存在するのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

現在、日本において、労働組合に関する法律はいくつか存在しています。 最も有名なものは、「労働組合法」かと思いますが、私たち、首都圏青年ユニオン連合会は、先般、東京都労働委員会から、この法令を根拠にして救済すべき法適合組合ではないという決定がなされました。 しかしながら、労働組合法以外にも、労働組合に関する事項を定めたものがあります。 それが、この国の最高法規である、「日本国憲法」です。 日本国憲法 […]

続きを読む

団体交渉の真実|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

世に言う、労働三権「団結権・団体行動権・団体交渉権」のうち、団体交渉権に限り、弁護士の介入を可能にしています。 もちろん、通常の団体交渉において、弁護士のみが出席すると言うことは不誠実交渉にも当たってしまうので、労働組合側、使用者側とも弁護士を「帯同」することが認められています。 他方で、団結権や団体行動権には弁護士が介入できる隙はありません。 つまり、これまで、首都圏青年ユニオン連合会を揶揄して […]

続きを読む

お金でしか繋がれない労働組合|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

千葉県医労連の永島Pが、相変わらず当組合を親の仇のように攻撃を繰り返しています。 自分の食い扶持を守るため、私たちの行っている無料の労働組合というのがどうしても気に入らないようで、「組合費を支払わないことは組合員である自覚が足りない」という何とも荒唐無稽な論調を繰り返しています。 これは翻せば、組合費を払うことで、組合への忠誠心を養い、組合員であることへの強い認識を持たせることに重きを置いています […]

続きを読む

組合幹部と企業側幹部というパイプ|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働組合の中には、組合幹部として非常に力を持っている人物がいることがあります。 企業側の幹部と渡り合い、要求を勝ち取るといったような人物です。 しかしながら、歴史的にそういった人物を紐解いてみると、労働組合の執行委員長を終えたのちに、企業側の幹部ポストが準備されていたりもします。 今は、企業側幹部だが、元労組のイケイケの執行委員長だった。 なんて話も耳にします。 これが何を意味しているかというと、 […]

続きを読む

団体交渉という名の徒手空拳|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働組合の組織率の低下が進んでいますと叫ばれて久しいですが、現状平均組織率は20%を切っているのが現状です。 社内でも、組合員はもはやマイノリティとなっています。 これが意味することは、これまでの労働組合は、交渉相手として全く意味をなしていないということです。 企業側を威圧するために、団体交渉というテーブルにつくのが既存労働組合の一般的な手法ですが、組合の離脱率・組織率を見ても、数が少な過ぎて、「 […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます