労働組合

「商標の申請主体」で明らかになるブラック労組と法定超労働組合の体質の違い|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

前回までの記事でも触れましたが、世間からブラック労組と悪名高い首都圏青年ユニオンは当組合の発言をそっくりそのまま真似し始めています。 そして、今度は、当組合の行動を真似るべく、商標登録申請を進めていたことが判明しました。 しかし、思考能力が著しく低い組織となっているため、当組合の申請とは大きく様子が違っています。 またしても、組合員の皆様の意思を無視していることが明らかになりました。 それは、「商 […]

続きを読む

日本共産党が首都圏青年ユニオンへの資金供与を認めました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

先日、日本共産党(監視対象団体)に対して公開質問状を送付した記事を書きましたが、期日になっても、待てど暮せど回答はありませんでした。 回答がなかったことを受け、当組合としては、全て黙認したと判断をせざるを得ません。 したがって、日本共産党(監視対象団体)は以下の事実を認める形になりました。 1 赤旗への馬塲亮治特定社労士事件の掲載判断について 2 共産党(監視対象団体)と首都圏青年ユニオンとの関係 […]

続きを読む

首都圏青年ユニオンも商標登録を拒絶されている事実について|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

前回、ささきりょう弁護士のツイートをご紹介いたしました。 なお、首都圏青年ユニオン連合会は、首都圏青年ユニオン連合会という商標を登録しようとしましたが、首都圏青年ユニオンが既にあるので、商標登録を拒絶されています。 ―「ささきりょう」Twitterより というものですが、 「首都圏青年ユニオン」も慌てて商標の登録に動いたようですが、こちらも拒絶されています。 (下記画像をクリックすると特許情報プラ […]

続きを読む

商標登録を拒絶されたことを喧伝するだけでは何の意味もない|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

既存の労働組合の問題解決能力の低さについて、これまでも複数の事例を挙げてきていますが、以下の佐々木亮氏の発言も労働者の皆さまにとっては、面白いものでしょう。 ―「ささきりょう」Twitterより なお、首都圏青年ユニオン連合会は、首都圏青年ユニオン連合会という商標を登録しようとしましたが、首都圏青年ユニオンが既にあるので、商標登録を拒絶されています。 このようなツイートをされたささきりょう氏。 御 […]

続きを読む

大阪公立大学法科大学院の講義で当組合の影響力が取り上げられました!|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

大阪公立大学法科大学院で特任教授を兼任されている塩見卓也弁護士がTwitterで当組合のプロパガンダをしてくれていました。 ―「塩見卓也」Twitter 2020年8月20日投稿より この都労委の決定は市大法科大学院の来年度前期労組法講義に必ず反映させる。 しかし、『首都圏青年ユニオン』(『連合会』じゃない)にとっては本当に迷惑な話だ。 この塩見卓也弁護士も、自由法曹団などに加盟されている、共産党 […]

続きを読む

誤った解説を行う労働組合や専門家にはご注意ください。|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

前回も掲載いたしましたが、2020年8月20日に、共産党に近い、日本労働弁護団全国常任幹事や自由法曹団にご所属の渡辺輝人弁護士がTwitterで、 首都圏青年ユニオンに名前がそっくりの「首都圏青年ユニオン連合会」が東京都労働委員会から「あなたたちは労働組合ではない」と言われた事例。使用者側やその代理人弁護士は労働組合を正しく恐れていただきたいが、まがい物には毅然と対応していただきたい。 と発言をさ […]

続きを読む

エビデンスの信憑性について|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

2020年8月20日に、共産党に近い、日本労働弁護団全国常任幹事や自由法曹団にご所属の渡辺輝人弁護士がTwitterで、 首都圏青年ユニオンに名前がそっくりの「首都圏青年ユニオン連合会」が東京都労働委員会から「あなたたちは労働組合ではない」と言われた事例。使用者側やその代理人弁護士は労働組合を正しく恐れていただきたいが、まがい物には毅然と対応していただきたい。 と発言をされました。 この際、東京都 […]

続きを読む

共産党(共産主義)はオワコンか|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

私たちの記事を読んだ方から、当組合は、反共主義だというコメントをいただきました。 今回はこの件に関して、深掘りしてみようかと思います。 そもそも共産主義とは何なのでしょうか? 大まかにいうと、「主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化」を実行しようとするマルクスやエンゲルスの思想。と言われています。 現代社会において、共産主義を実施している国は地球上に、中国、北朝鮮、ラオス […]

続きを読む

弁護士<労働組合の構図は本当に成立するのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

永島Pが非常に興味深い記事をシェアしてくれています。 首都圏青年ユニオンの顧問弁護団を務め、共産党参議院議員を輩出されている東京法律事務所所属の弁護士のツイートです。 内容は、弁護士よりも「憲法」を根拠にしている労働組合の方が法的には強者であるというものです。このことは、これまで私たちが何回も何回も記事にしてきた論理です。 つまり、法定内労働組合を取り巻く方々は、とうとう私たちの記事と同様のことを […]

続きを読む

パワハラ防止法の適用拡大に伴い、相談窓口を外部委託しませんか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律「改正労働施策総合推進法(以下、パワハラ防止法)」は、従来、法的規定のなかったパワーハラスメント(以下、パワハラ)について定義を定め、防止措置を事業主に義務付けたものです。 2020年6月より大企業においてはすでに施行されていますが、中小企業についても2022年4月から適用されました。 「パワハラ防止法」で、事業主の義務 […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます