労働組合

赤旗に掲載されている労働組合も監視対象団体なのか?| 首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)の機関紙「赤旗」には、日本共産党を支持している団体の特殊な事が掲載されているということは以前の記事でお伝えしました。 具体的には、「国民運動面」(旧「労働・大衆運動面」)です。労組や諸団体の活動の様子を報じるページで、共産党の友好(傘下)団体である、医労連や首都圏青年ユニオンの活動などばかりが掲載されています。 つまり、この紙面に掲載されるということは、日本共 […]

続きを読む

共産党はなぜ、特定の労働組合だけを赤旗に掲載するのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

破壊活動防止法の監視対象団体として公安調査庁の監視対象となっている日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)。 同党は、国政政党であるので、皆さんも聞いたことのある党名の一つでしょう。 日本共産党は、政党交付金を受け取らない(他党に対して返納を要求する)ことでお馴染みですが、では、国政政党を運営する上で必要なお金は一体どこから流れてきているのでしょうか? 令和2年度の共産党の収支の内訳などについて、総 […]

続きを読む

Jアラートと共産党|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

10月4日の午前中に、Jアラートが鳴りました。 北朝鮮からのミサイル発射に伴うものですが、このJアラートの発令の有効性や速報性に関しての議論は一旦横に置いておいて、日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)の立場が明らかになったので、ご紹介をしようと思います。 JアラートについてのTwitter発信を消した共産党員 田端みゆき 日本共産党 @miyukipeace6 ※既に削除された内容 「Jアラート […]

続きを読む

現代社会に法定内労働組合は必要なのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

現代社会を象徴するものとして、SNSがあるわけですが、「一億総発信者時代」になった今、果たして、法定内労働組合というものが必要なのでしょうか? 世にインフルエンサーと言われる人たちが登場し、先の衆院選では暴露系youtuberが当選を果たすなど、時代は大きなうねりの中で変化をしています。 影響力という言葉を誰しもが手に入れられる時代において、二年もかけて労働委員会に「団体交渉に応じてください」と命 […]

続きを読む

しんぶん赤旗が日常的に首都圏青年ユニオンの記事を挙げているということは、首都圏青年ユニオンの組合費も日常的に共産党に流れてしまっているのか|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)の機関紙である「しんぶん赤旗」ですが、同紙面に目を落としてみると、関連団体の活動の様子が非常に多く掲載されています。 その中の一つが「首都圏青年ユニオン」です。 この蜜月関係たるや、ほぼ一心同体と言っても良いくらいの状況です。 果たして、共産党から首都圏青年ユニオンにお金が流れているのか? 首都圏青年ユニオンの組合費が共産党に流れているのか? この答えについて […]

続きを読む

共産党支持者は暴力革命以外のアイデアはないのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

共産党(※公安調査庁調査対象団体)を支持し、当組合を目の敵にしてきた、永島Pやhamachanブログ、山田氏など多くの支援者は、馬塲亮治特定社労士事件がフィリピンにおいて、いよいよ始まった瞬間に、沈黙を決め込んでおります。 彼らが2年間も組合費を使用してやったことは、日本で原告を決めるだけの訴訟に過ぎず、最終的に壊滅したUAゼンセン佐田労働組合の事件等で、全精力を使い切ってしまったのでしょうか? […]

続きを読む

日本共産党の低迷が止まらない|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

先日、日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)の党勢が過去最低水準並みであるということが、同党最高幹部の志位和夫委員長の口から飛び出しました。     会見の中で、志位委員長は、「党勢の長期後退から前進に転ずることに成功していない」と危機感を示したうえで、「日本の政治を変えるには野党共闘しかない」と発言をしており、今後は単独での活動の限界を感じつつも、他の野党にすり寄って行くこと […]

続きを読む

監視対象と宗教団体|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

連日の自民党と旧統一教会との関係に関する報道に対して、日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)は痛烈な批判を繰り返しております。 確かに旧統一教会の過去の動向や自民党との関係は、看過できるものではありません。 ただ、いつも他人を非難ばかりしているだけの日本共産党の周辺にはこう言った組織は存在しないのでしょうか? 日本共産党と過激派は同種同根であると言われています。 過去に、あさま山荘事件などを惹起し […]

続きを読む

外国人労働者急増によって法定内労働組合は壊滅するのか |首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

法定内労働組合は、その名のとおり、法律の枠組みの中にいます。 この法律というのは、具体的には、労働組合法を指しています。 この労働組合法の伝家の宝刀は、労働委員会による救済措置です。 共産党(※公安調査庁調査対象団体)を支持する首都圏青年ユニオンや医労連は、「この唯一の武器のみ」で現代社会に対応をしています。 法定内労働組合であるためには、資格審査というものがあり、その都度、 「法定内労働組合です […]

続きを読む

共産主義思想の危険性|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

国政政党でありながら、共産主義を目指す、日本共産党(※公安調査庁調査対象団体)。 共産党のHPには、以下のような文言が記載されています。 わざわざこのようなことをホームページに記載すると言うことは、監視対象団体である危険な思想を持っている自覚があると言うことなのでしょう。 「共産党は暴力革命だ」とネットに書きこむ人たちがいますが、まったくの作り話です。社会の発展は、力ずくでできるものではありません […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます