労働組合

ゼロワン八代氏は、労働組合の活動の正当性を全く理解できずに警察に泣きつくことしかできない|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

これまでもすでに、何度かお伝えしているとおり、首都圏青年ユニオン連合会は、法定超労働組合として活動を行なっております。 これは、活動の根底を労働組合法に置くのではなく、日本国憲法第28条においているという点において、既存の有料の労働組合とは一線を画しています。 では、労働組合に認められた権利とはいったいなんなのでしょうか? 憲法第28条は、労働者の労働基本権を単なる「権利」ではなく、憲法上の「人権 […]

続きを読む

労組委員長セクハラ辞任に見る。有料の労働組合の委員長は、次は我が身なのか?|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

全国一般徳島地方労働組合の60代男性執行委員長が長年に亘り女性部下へのセクハラやパワハラを繰り返したとして辞任した(引用:8月21日、毎日新聞WEB版) 記事によると、委員長は「わしの女やと思ってきた」などと発言したり、職場である組合事務所で性的な発言を繰り返したりしていたという。 第三者委員会によると、「きわめて悪質な人権侵害」と判断し、女性は体調を崩し、うつ病と診断されたとある。 現在、当組合 […]

続きを読む

労働委員会の決定にはどのくらいの効力があるのか?|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

有料の労働組合は、これまでも団体交渉がうまくいかなくても、組合員が減少の一途を辿る時代錯誤なものであっても、いつまで経ってものさばり続けています。 そして、伝家の宝刀の如き、「労働委員会の救済、決定」を錦の御旗としています。 法定内労働組合であれば、この救済決定だけは問答無用で勝ち取ることができます。 もちろん、この決定を取るだけで、2年かかりますので、労働者にとっては、どうでもよい話でしょう。つ […]

続きを読む

ZERO−1ホールディングスが強要した「ラブホテルミーティング」の詳細とは!?|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

~先方代理人弁護士の主張から読み解く!~ 前回、株式会社ZERO−1ホールディングス(代表取締役:八代和士)の代理人弁護士も、「ラブホテルミーティング」の事実を認めている!という記事を書かせて頂きました。 その記事の反響が大変大きかったことから、本日は、「ラブホテルミーティング」の詳細について、相手方弁護士の書面を元に、紐解いていきたいと思います。 まず、相手方弁護士の書面によると、「ラブホテルミ […]

続きを読む

「ラブホテルミーティング」の記事は名誉毀損に当たらない!|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

(相手方代理人弁護士も「ラブホテルミーティング」を事実と認めています) 先日、株式会社ZERO−1ホールディングス(代表取締役:八代和士)が、当組合の2021年8月16日付け記事「・・ラブホテルでの面談を行うZERO−1ホールディングス・・」が名誉毀損にあたると警察に相談しています。 しかし、実は、ZERO−1ホールディングス代理人弁護士は、今年2月の時点で、「ラブホテルミーティング」が事実である […]

続きを読む

共産党や共産党系労働組合の実態を知ってください。|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

私たち首都圏青年ユニオン連合会と組合費を払わない労働者を執拗に妨害しつづける、千葉県医労連永島Pや千歳会労働組合が日本共産党の傘下団体であることはすでにお伝えしている通りです。 現在、共産党の大きな支持母体として、全労連がありますが、労働者を守るための労働組合がなぜ、暴力革命を行おうとする共産党を支持しているのでしょうか? 交渉の中でも、随所で「共産党」っぽさが現れる永島Pとその取り巻き。 団体交 […]

続きを読む

労働組合は如何なる者も絶対に差別しない!その2|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

前回、過ちをいつまでも許してもらえない社会について当組合の考えをお話しました。 今回は更に、差別について考えてみます。 今、世界中で差別が横行しています。日本も例外ではなく、人種差別、性差別、性的マイノリティに対する差別、失業者に対する差別など、枚挙に暇がありません。 しかし、日本国憲法は、あらゆる差別を禁止しています。 人種、信条、性別、社会的身分又は門地によって差別されないことを明言しています […]

続きを読む

労働組合は如何なる者も絶対に差別しない!その1|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

最近、過去の失敗や過ちを上げ連ね、人の足を引っ張るという風潮が蔓延しています。 もちろん、過去の過ちに被害者がいる場合、簡単に許されることではありませんし、それが「犯罪」であれば、尚更です。 しかし、過去に過ちを犯した人間が、真摯に反省し、贖罪を行った上で社会復帰をした場合でも執拗に「昔は●●だった!」と糾弾する社会や組織は正常なものと言えるのでしょうか。 現在の日本は、一度失敗(脱落)すると、二 […]

続きを読む

遂に!!監視対象団体である共産党を支持する千歳会労働組合とラブホテルでの面談を行うZERO−1ホールディングスが手を組み始めました|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

私たち、首都圏青年ユニオン連合会との交渉に応じなかった株式会社ZERO−1ホールディングス(代表取締役:八代和士)と当組合を攻撃することが生き甲斐の千歳会労働組合の永島Pが裏で繋がっていることが明らかになりました。 永島PのSNSで、当組合の正当性に対して、言われなき攻撃を続ける投稿に、遂に八代氏がコメントを行い、「最近は情報の共有ありがとうございます!新しいネタ仕入れたのでまた電話します!」「あ […]

続きを読む

真実を歪曲することで自己正当性を主張する永島Pを嘲笑する|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

お馴染みの永島PがまたSNS上で訳のわからない持論を展開しているのでご紹介します。 確かに、YouTubeを見ると、永島Pが強烈に支持しする共産党は、「共産党逮捕」選挙違反した国会議員を捕まえてみた!警察出動!?など、134万回の再生回数に及ぶほど、常に大衆から強い批判を浴びております。つまり、このように永島Pが訳の分からない主張をし続けていることは、労働者の皆さまも自然に理解できることでしょう。 […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます