労働問題全般

なぜ、有料の労働組合は団体交渉に時間を要するのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

まず,千葉県医労連永島Pや首都圏青年ユニオン山田真吾氏は,行政機関である労働委員会が憲法上の労働組合性を判断しているような主張をしていますが,労働委員会は「不当労働行為の救済申し立ての資格」に関してのみ判断することが出来ます。

続きを読む

堺整骨院グループ(福岡市)との連携開始について

堺整骨院グループは、病院で治らない痛みやお悩み(椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・神経痛など)を解決する整骨院グループです。 092-554-7755 【電話相談受付時間】9:00~20:00(土・日・祝をのぞく)) 腰・首・肩・膝・関節の痛み、ぎっくり腰、寝違え、骨折、はり・きゅう(神経痛・リウマチ・腰痛・五十肩・むちうちなど)、骨盤のゆがみによる痛み(産前・産後も可)、スポーツによるケガ・痛み(肩 […]

続きを読む

その「業務委託」本当に大丈夫ですか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働問題を扱う際に、問題となるのが「労働者性」です。  一般のサラリーマンなどは分かりやすいのですが、いわゆる「業務委託」や「アソシエイト契約」と言われるような働き方を選ぶフリーランスなどの方などの労働者性については注意が必要です。 ※ 首都県青年ユニオンでは個人事業主や会社経営者が、自身の会社以外で雇用契約をしている場合には労働者ではないものとして、救済をしないそうです。しかし、これは、法令上明 […]

続きを読む

パワーハラスメント被害者を逆ギレ不当解雇したチャンピオンタコス読谷店に対し、 団体交渉を再度申し込みました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

2020年10月29日 首都圏青年ユニオン連合会は、チャンピオンタコス 読谷店(沖縄県読谷村)に対して、パワーハラスメント被害者を逆ギレ不当解雇したの件で、 団体交渉を再度申し込みました。

続きを読む

セクハラで労災認定という画期的な認定が出ました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

10月22日付の日本経済新聞によると、正社員として勤務していた20代の女性が、 ・上司にしつこく食事に誘われる ・誕生日に最寄り駅までつきまとわれプレゼントを渡される などの、セクハラ行為により、「重度ストレス反応」の診断を受け、退職に追い込まれた事件で、立川労働基準監督署は本件を労災認定していたことが明らかとなりました。

続きを読む

最新の記事情報が取得できます

今すぐお問い合わせ

労働問題24時間無料相談窓口

即時解決

24時間対応

土日祝もOK