新型コロナ(COVID-19)関連

コロナの影響で業務が減ったため自宅待機するように命じられました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

受注の減少などで、会社が勤務時間の縮小や勤務日数の削減をした場合も、休業と同様の扱いになります。 会社には、最低でも6割の賃金を保障することが義務付けられていますし(労働基準法26条)、労働者は減らされた時間や日数分の賃金を請求する権利があります

続きを読む

今回の新型コロナウィルスによって、 労働者も企業も社会的存在意義の再定義を求められています。 当然、私たちユニオンも組合費を無料にし、再定義されるべきです。|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

なぜ首都圏青年ユニオン連合会は組合費が無料なのに組合員に有利な結果を出すことが出来、 逆に他の労働組合は月額で組合費を徴収するのに結果を出せないのか?

続きを読む

コロナによって、会社を解雇、シフトを減らされた方へ|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

コロナによって、会社を解雇、シフトを減らされた方へ
首都圏青年ユニオン連合会は、組合費無料で、Webから簡単に組合員になることができます。組合員になった後は、首都圏青年ユニオン連合会が会社に対して交渉をし、即解決を目指します

続きを読む

最新の記事情報が取得できます

今すぐお問い合わせ

労働問題24時間無料相談窓口

即時解決

24時間対応

土日祝もOK