労働問題全般

労働組合に法人格は必要なのか?②|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

SNS上で話題沸騰中の、首都圏青年ユニオン連合会ですが、ささきりょう弁護士がTwitter上で、「首都圏青年ユニオン連合会は、首都圏青年ユニオン連合会という商標を登録しようとしましたが、首都圏青年ユニオンが既にあるので、商標登録を拒絶されています。」(@ssk_ryo・一部抜粋) と、呟き、首都圏青年ユニオン連合会に入らないようにと啓蒙されています。

続きを読む

労働組合に法人格は必要なのか?①|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働組合を法人登記しようとする場合、労働組合法に適合する組合である必要があります。 法定内労働組合と認められる規約の下でしか設立ができないことになっています。 より自由度の高い労働組合を結成しようとした場合に、個人で結成する以外に組成することができません。これは、憲法が保障する団結権などにおいて違憲状態にあるおそれがあります。

続きを読む

なぜ、労働組合の専従者は、労働者ではないにも拘らず、「規約」の「労働者の自主性」に執着するのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

まず,千葉県医労連永島Pや首都圏青年ユニオンの山田真吾氏、UAゼンセン佐田労働組合南部茂氏は, 行政機関である労働委員会が憲法上の労働組合性を判断しているような主張をしていますが,労働委員会は「不当労働行為の救済申し立ての資格」に関してのみ判断することが出来ます。 つまり,労働委員会は,労働組合に行政指導をしたり,取り締まるような権限もないため,「規約」でのみ,法定内労働組合か否かを形式的に判断す […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます

今すぐお問い合わせ

労働問題24時間無料相談窓口

即時解決

24時間対応

土日祝もOK