労働問題全般

法適合労働組合のデメリットとは?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

国内の労働組合は、大きく、法定内労働組合とそうでない労働組合とに大別されています。もちろん、後者の労働組合は、労働組合法に適合していないだけで違法ではありませんし、罰則等もありません。 しかし、法定内労働組合ではないと判断された当組合に対して、思考能力の低い弁護士や解決手法を考えない評論家の濱口桂一郎氏は、当組合を違法であると主張していました。 もちろん、彼らにとっては毎度のことですが、彼らの主張 […]

続きを読む

ブラック労組を取り巻く士業の実態「飯塚盛康社労士事件」|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

飯塚盛康社労士は、SNS「Facebook」上の投稿コメントにおいて、複数回にわたり、当組合を非難していました。 (2022/5/17現在該当の投稿は削除されております ※下記画像は御本人のFacebookアカウントへリンクです) 「社労士の馬場亮治が組織する『首都圏青年ユニオン連合会』は組合員が理事や役員という労働組合法の労働組合ではありません。目的は労働組合潰と法人からの報酬です。こんなところ […]

続きを読む

商標登録申請に見る、労働組合の現状|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

首都圏青年ユニオンが商標登録を申請していますが、これに関する考察を進めていきたいと思います。 (下記画像をクリックすると特許情報プラットフォームJ-PlatPatでご覧いただけます) 首都圏青年ユニオンは、東京公務公共一般労働組合青年一般支部が正式名称で、今回、首都圏青年ユニオンの商標登録申請を行ったのは、この上部団体である、東京公務公共一般労働組合です。 (下記画像をクリックすると首都圏青年ユニ […]

続きを読む

首都圏青年ユニオンの商標登録申請は一体誰の意思で進められているのか?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

首都圏青年ユニオンが商標登録を申請していますが、前回のブログで、これは、労働組合の目的外活動であることを説明いたしました。 この目的外活動に、多額のお金を支出しているようですが、組合員の総意もしくはそれに変わる同意を得ているのでしょうか? 首都圏青年ユニオンを脱退した方々に聞くと、商標登録申請には組合員に対する正当な理由が存在しないので、総意を得ていないということです。 結局のところ、専従組合員が […]

続きを読む

首都圏青年ユニオンが商標拒絶された理由は非弁行為が原因?!ブラック労組たる所以とは?|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

首都圏青年ユニオンの商標登録申請に関して、商標の拒絶理由が明らかになっています。 その理由は、 商標法第3条第1項柱書により商標登録を受けることができる商標は、現在使用をしているもの又は近い将来使用をするものと解されます。しかし、この商標登録出願に係る指定役務中には、弁護士ではなく、かつ、弁護士法人とは認められない法人である出願人が、業として行うことが禁止されている役務「訴訟(法律)事務」を含むも […]

続きを読む

「商標の申請主体」で明らかになるブラック労組と法定超労働組合の体質の違い|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

前回までの記事でも触れましたが、世間からブラック労組と悪名高い首都圏青年ユニオンは当組合の発言をそっくりそのまま真似し始めています。 そして、今度は、当組合の行動を真似るべく、商標登録申請を進めていたことが判明しました。 しかし、思考能力が著しく低い組織となっているため、当組合の申請とは大きく様子が違っています。 またしても、組合員の皆様の意思を無視していることが明らかになりました。 それは、「商 […]

続きを読む

日本共産党が首都圏青年ユニオンへの資金供与を認めました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

先日、日本共産党(監視対象団体)に対して公開質問状を送付した記事を書きましたが、期日になっても、待てど暮せど回答はありませんでした。 回答がなかったことを受け、当組合としては、全て黙認したと判断をせざるを得ません。 したがって、日本共産党(監視対象団体)は以下の事実を認める形になりました。 1 赤旗への馬塲亮治特定社労士事件の掲載判断について 2 共産党(監視対象団体)と首都圏青年ユニオンとの関係 […]

続きを読む

首都圏青年ユニオンも商標登録を拒絶されている事実について|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

前回、ささきりょう弁護士のツイートをご紹介いたしました。 なお、首都圏青年ユニオン連合会は、首都圏青年ユニオン連合会という商標を登録しようとしましたが、首都圏青年ユニオンが既にあるので、商標登録を拒絶されています。 ―「ささきりょう」Twitterより というものですが、 「首都圏青年ユニオン」も慌てて商標の登録に動いたようですが、こちらも拒絶されています。 (下記画像をクリックすると特許情報プラ […]

続きを読む

商標登録を拒絶されたことを喧伝するだけでは何の意味もない|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

既存の労働組合の問題解決能力の低さについて、これまでも複数の事例を挙げてきていますが、以下の佐々木亮氏の発言も労働者の皆さまにとっては、面白いものでしょう。 ―「ささきりょう」Twitterより なお、首都圏青年ユニオン連合会は、首都圏青年ユニオン連合会という商標を登録しようとしましたが、首都圏青年ユニオンが既にあるので、商標登録を拒絶されています。 このようなツイートをされたささきりょう氏。 御 […]

続きを読む

大阪公立大学法科大学院の講義で当組合の影響力が取り上げられました!|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

大阪公立大学法科大学院で特任教授を兼任されている塩見卓也弁護士がTwitterで当組合のプロパガンダをしてくれていました。 ―「塩見卓也」Twitter 2020年8月20日投稿より この都労委の決定は市大法科大学院の来年度前期労組法講義に必ず反映させる。 しかし、『首都圏青年ユニオン』(『連合会』じゃない)にとっては本当に迷惑な話だ。 この塩見卓也弁護士も、自由法曹団などに加盟されている、共産党 […]

続きを読む

最新の記事情報が取得できます