ホワイト企業化のご案内|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

グローバルユニオンは、士業も従来の労働組合も出来なかったことに取り組んで参ります。ホワイト企業化に向けたサポート内容を今回はご紹介いたします。

昨今、働き方改革をはじめとした、労働環境の見直しが益々高まる中、大企業はもちろん中小企業においても、労働環境の整備は、人材を確保し発展を続けていく上でも急務かつ最も重要な課題です。

日本でこの働き方改革を一番推し進めたのは、政府でも企業でもなく、皮肉にもコロナウィルスだったわけですが、人手不足から突然、人が過剰になってしまった業種もあるくらい、労働環境は目まぐるしく変化しています。コロナウィルスによって、非正規雇用でシフトに入れなかったアルバイトは、今後は、安定的に月額の保障給がある正規雇用を目指すことも容易に推測できます。この人材の余りをどのようにして自社に確保できるかは非常に大きなチャンスと言えるでしょう。

長時間労働がもたらした事件や事故、隠れ残業による過労死などがメディアで頻繁に報道される今、求職者はもとより、現に企業で働く方々も会社の労働環境に強く興味を持っています。

日本国内において、今後も優秀な人材を確保し、定着させるにはいち早くホワイト企業化に取り組み健全な労働環境を整え、世間に広くPRすることが必要です。

完全失業率と有効求人倍率の推移

有効求人倍率が年々右肩上がりを続けており、高齢化社会となった日本において、求人倍率のUPは、今後益々歯止めが聞かない状態になっていくことは火を見るより明らかです。

企業はすでに、人材を選ぶ立場ではなく、人材に選ばれる立場になっています。

つまり、経営の柱である【人】【物】【金】の中で、この順番の通り最も重要なのは【人】であり、他方で最も確保するのが難しいものでもあります。この【人】を十全に拡充していくことは、現在の企業が発展を持続可能なものとするために必要不可欠にして最も解決しがたいテーマとなっております。

実際に、人手不足による倒産や廃業が年々増え続けている中、今、企業がいち早く取り組むべきことは、自社の労働環境を最適なものに整備し、ホワイト企業であることを広く知らしめ、優秀な人材に選ばれる企業になることです。


ホワイト企業化のメリット

人材確保 採用活動の際、大きな競合差異となります。利益を目的としていない労働組合からの客観的な評価として、ホワイト企業の認定があることで、優秀な人材を確保しやすくなります。付言すると、労働環境が整備されていないと採用にお金がかかり、また、お金をかけて採用してもすぐに離職してしまいますが、ホワイト企業になれば優秀な人間の採用がしやすくなり、かつ、労働環境に満足しているため離職もしません。さらに、優秀な人間は教育費用もかかりませんので、採用広告費だけではなく教育コストも抑えられることになります。

定着率の向上 ホワイト企業と言われるための労働環境整備は、プライバシーマーク等のように一時的に取得するだけでは意味がありません。グローバルユニオンでは適正な労働環境を維持できているかの労務監査をしていきますので、継続的に在職者の方々の声も聞き、改善をクイックにすることで定着率が上がります。在職者の方の声を外部組織が聞くことで、会社への遠慮をすることなく、在職者の生の声を聴くことができ、これが将来個別紛争になりそうな問題を未然に予防し、離職させないことが可能です。さらに、この結果、紛争化を防ぐことができるため弁護士費用や社労士の紛争予防、解決報酬も不要になります。紛争になれば、弁護士と退職者にお金を使うだけで会社に残るものはありません。同じお金ならば、内部でお金を流動させ、会社の発展に資する使い方をすることが重要です。

社会的なイメージUP 求職者、在職者もその企業がホワイト企業か、ブラック企業かを注目する中、ホワイト企業であることは対外的に大きなイメージアップとなります。さらに、グローバルユニオンは企業から頂いた協賛金の一部を各国の支援団体に寄付していきますので、御社のホームページ上、いくつもの団体へ寄付していることの表示も可能です。昨今、重要視されるCSRを推進する企業の印象が付けば、企業価値も大きく上がります。


ホワイト企業化に向けたサポート内容

グローバルユニオンでは、各種労務に関するご相談と改善サポートをお受けしております。

・就業規則

・労働時間

・雇用契約

・年次有給休暇 

・健康診断 

・健康保険・厚生年金保険

・賃金

・メンタルヘルス

・その他労働環境についてのアドバイス


何故、グローバルユニオンなのか?

一般的に企業の労働環境の整備は、社労士の仕事ですが、社労士は、企業と契約をしており、この顧問料が社労士の売り上げの中心となっていますので、そもそも社労士では労働者側に立つような仕事が出来ないのが現状です。つまり、人の問題においては、その性質上、本来的に、企業から嫌がられても、顧問契約を解除されても、労働者目線で企業側に問題提起をするという、顧問料に固執しない立場の組織が必要なのです。現に、金の問題においては、企業は外部の信用調査を受け、その評点によって金の調達ができております。今後は、人の問題においても同様に、グローバルユニオンの労務バンクが企業に付ける評点をあげることで、人の調達量が大きく影響することになります。このように、企業に対して、他社との比較も含めて、厳しい現実を突きつけられる組織が必要な時代になっています。

この点、グローバルユニオンは、労働組合費を無料にすることで、多くの求職者、在職者が長期的に在籍し、ホワイト企業に在籍、転職したい10万人の労働者のプラットホームを作っていますので、士業事務所では太刀打ちできない圧倒的に多くの労働者から真の離職理由等を聞くことができます。このように労働者の真の離職理由を取得できるのは、常に労働者側に立っている労働組合だけです。言い換えると、会社も弁護士も社労士も、会社側である以上、この役割を果たすことが不可能だったために、人の問題が山のように残っているとも言えます。この労働者の真の声は企業からすると、喉から手が出るほど欲しい情報ですので、グローバルユニオンはこの声をもっとも重要な財産としつつ、士業とは全く違った立場で、会社に厳格な評点を付け、改善を目指した労務監査をしていきます。

残念ながら、従来の労働組合では労働者から労働組合費をもらわなければ存続できない組織になってしまっていますので、労働組合への加入率は年々大きく下がっています。つまり、従来の労働組合では、組合費が有料であるために、皮肉にも労働組合自体に労働者が定着していません。組合員が定着しないような労働組合では、世界中の労働者のプラットホームを作って貴重な情報を得ていくことなど到底できません。さらに、従来の労働組合は、企業側へ労働者の声を届けるだけで、具体的な改善をしていくようなサービスはしていませんので、労働者と企業のいずれもプラットホームに呼び込むような仕組み自体がありません。

グローバルユニオンは、士業も従来の労働組合も出来なかったことに取り組んで参ります。


ホワイト企業化までの流れ

お申込み→ご契約→ヒアリングと現状の調査→課題の抽出→課題の優先順位と計画作成→改善アドバイスとフォローアップ→ホワイト企業認定

グローバルユニオンには社労士、弁護士、司法書士など法律の専門資格者が運営に携わっており、また組合の運営という機能を持つため各種労働争議について経験と知識を多く保有しているため、労務に関する様々なお悩み、課題の解決が可能です。


協賛金について 

グローバルユニオンの労務改善サポートは、企業様からの協賛金をいただくことで、運営しております。内容によって金額が異なりますので、お気軽にご相談ください。


 


「労働者のミカタ」

「労働問題専用窓口サイト」

電話24時間受付050-2018-1180LINE(認証済)相談可・土日祝でも・深夜早朝でも・いつでも無料相談
退職代行・ブラック企業・残業未払い・不当解雇・有給取得嫌がらせ・パワハラ・セクハラ・労災・外国人技能実習生など労働に関わるさまざまな問題のご相談をお受けしています。

無料相談受付 TEL 050-2018-1180
労働に関わるさまざまな問題のご相談をお受けしています。こちらからどうぞ。
(運営)首都圏青年ユニオン連合会

グローバルユニオンの書面公開の方針について

当労働組合では,案件によってではありますが,交渉を行っている相手方企業の主張内容,書面自体を公開することを原則としております。これは,当労働組合が広くインターネット上で当該企業における個別労働紛争及び当該企業が抱える問題点を指摘し,10万人に及ぶ当労働組合の組合員,並びにサイト閲覧者の方々の目に触れる状況を作っていることの責任として,当該企業側の主張も正確に伝えなければ公平性が保てず,独善的な活動になってしまう恐れがあると考えてのことです。

最新の記事情報が取得できます

今すぐお問い合わせ

労働問題24時間無料相談窓口

即時解決

24時間対応

土日祝もOK