税理士法人みらい経営(京都市)への訴訟開始のお知らせ|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

世の中には、従業員を解雇するにあたって、何が原因なのかも明らかにせず、一切の弁明の機会も与えず、一方的にパワハラだと決めつけ、突如として解雇する企業が存在します。

税理士法人みらい経営(京都市) (代表神緒美樹)がまさにこの典型例です。
当組合は、この度、組合員の要求をかなえるため、同社に訴訟提起いたしました。

本来、私たちは労働組合ですので、団体交渉を行うのがいわゆる通例です。
その他にも、団結権や団体行動権といった権利を有しています。
そして、これらの労働三権の方が訴訟よりも脅威と感じられています。

事実、これまでも私たちは、上記の労働三権を行使する方法で、多くの労働問題を解決してきました。

しかも、私たちは組合費無料で実現させています。

日本国憲法が要請した、労働者の権利をしっかりと行使することで組合費など不要で労働問題は解決できるのです。

しかし、税理士法人みらい経営(京都市) のように、稀に憲法の労働三権を無視するような企業が現れた場合には、司法の手に委ねざるを得ません。

税理士法人みらい経営(京都市) については、誰がいつどのようなパワハラが行われたのかを明確にすることもなく、一切の説明もされぬまま、弁明の余地も与えられず、現時点でも解雇となっているという極めて悪質な事案です。

悪質極まりないこの現状を鑑みて、労働者の皆様からの温かい支援によって、今回、訴訟を提起することとなりました。

裁判については、原則公開の制度ですので、随時WEBを通じて、相手方の反論と組合員、当組合の主張を公開してまいります。

私たちは、労働者の皆さまの権利をより早く実現するため、透明性の高い情報公開を行ってまいります。

最新の記事情報が取得できます