ZERO−1ホールディングスの弁護士から記事の削除依頼が届きました! 無料の団結権、団体行動権はやはり効果的です!|首都圏青年ユニオン連合会,グローバルユニオン

先日、千葉県医労連の専従者として千歳会労働組合を乗っ取っている永島P株式会社ZERO−1ホールディングスの代表取締役八代和士氏が当組合の女性組合員の権利を妨害していることをSNS上でやり取りしました。これに腹を立てた組合員は再度、ZERO−1ホールディングスに謝罪と金銭を要求すべく当組合と権利行使をすることになり、記事を掲載したところ、株式会社ZERO−1ホールディングスからこの書面が届きました。

ZERO−1ホールディングスは、何の謝罪も金銭解決も提示せず、当然、法違反等の指摘も出来ていません。

逆ギレして警察に被害届を出すと言っていたようですが、その勢いはどこに行ったのでしょう。

監視対象団体の共産党を支持する永島氏と仲良く情報交換しているのを見て、関係各所もZERO−1ホールディングスの異常性に気づいたのでしょう。

私たちは、永島Pをプロパガンダにして、組合費無料、義援金も無料で、多くの組合員を守っていきます!

最新の記事情報が取得できます