労働組合に法人格は必要なのか?①|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

労働組合を法人登記しようとする場合、労働組合法に適合する組合である必要があります。
法定内労働組合と認められる規約の下でしか設立ができないことになっています。
より自由度の高い労働組合を結成しようとした場合に、個人で結成する以外に組成することができません。これは、憲法が保障する団結権などにおいて違憲状態にあるおそれがあります。

しかし、過去の歴史において、労働組合がこの状態に文句を言わない理由がいくつかあると私たちは考えます。
法人格を取得することで、得られるメリットは、下記のような、労働組合の団体としての財産取引上の便宜が得られることです。

① 土地・家屋等の不動産を取得する場合に組合として登記ができる
② 組合として有価証券等の投資が可能である
③ 税制上公益法人となるので、個人名で財産取引きをするより税制優遇される

つまり、金銭的な面での優遇措置に大きくシフトしています。
組合費がゼロになるということは、専従者の給与は支払えなくなります。
会議と称した、飲酒会合ができなくなります。
労働遺族の皆さんは困ってしまうわけです。

組合費を徴収し、執行部の選挙をし続けて、会計上の報告をし続ければ、地位と仕事(給料)を奪われることはないわけです。

翻して、設立後に組合費をなくして仕舞えば、給与を受け取らないので、選挙に出たい人は選挙ではなく、ボランティアとして自由に何名でも参加できる自主性が最も高い運営方法を体現しているのが、私たち首都圏青年ユニオン連合会と言えます。

本当に、労働組合に法人格は必要でしょうか?
組合費は必要なのでしょうか?

求人情報

▶▶▶▶▶【求人情報】↓↓【求人情報】↓↓【求人情報】↓↓【求人情報】↓↓【求人情報】◀◀◀◀◀

サービス業界転職支援サービスの情報提供をご希望される方はリンク先URL http://www.fs-job.net/lp/union/ のご案内に沿ってエントリーください。「ここからエントリー」のボタンから進めます。※ご希望に沿える求人がご用意できない場合があります。

▶▶▶▶▶【求人情報】↑↓【求人情報】↑↓【求人情報】↑↓【求人情報】↑↓【求人情報】◀◀◀◀◀

THEPERFECTLINE(パーフェクトライン)求人情報はリンク先 https://perfect-line.jp/recruit/のご案内に沿ってエントリーください。最下部の「エントリはこちら」のボタンから進めます。

▶▶▶▶▶【求人情報】↑↑【求人情報】↑↑【求人情報】↑↑【求人情報】↑↑【求人情報】◀◀◀◀◀

労働問題専用窓口サイト「労働者のミカタ」とは

電話24時間受付050-2018-1180LINE(認証済)相談可・土日祝でも・深夜早朝でも・いつでも無料相談
退職代行・ブラック企業・残業未払い・不当解雇・有給取得嫌がらせ・パワハラ・セクハラ・労災・外国人技能実習生など労働に関わるさまざまな問題のご相談をお受けしています。

無料相談受付 TEL 050-2018-1180
労働に関わるさまざまな問題のご相談をお受けしています。こちらからどうぞ。
(運営)首都圏青年ユニオン連合会

グローバルユニオンの書面公開の方針について

当労働組合では,案件によってではありますが,交渉を行っている相手方企業の主張内容,書面自体を公開することを原則としております。これは,当労働組合が広くインターネット上で当該企業における個別労働紛争及び当該企業が抱える問題点を指摘し,10万人に及ぶ当労働組合の組合員,並びにサイト閲覧者の方々の目に触れる状況を作っていることの責任として,当該企業側の主張も正確に伝えなければ公平性が保てず,独善的な活動になってしまう恐れがあると考えてのことです。

最新の記事情報が取得できます

今すぐお問い合わせ

労働問題24時間無料相談窓口

即時解決

24時間対応

土日祝もOK