新型コロナウイルスの影響でやむなく休業しているが、有給休暇を消化するように言われました|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

有給休暇は、労働者が自由に取得できるものであり、会社都合で休業させる場合は、休業手当の支払いが必要となります。

今回のコロナウイルスの拡大で、有給を消化してしまっては、今後必要な休暇が欠勤扱いとなってしまいます。

そもそも、年次休暇は、原則として労働者の請求に応じて付与される休みですので、会社側が一方的に取得させることはできません。

手続きの煩雑さから、雇用調整助成金を使いたがらない企業も散見されますが、徐々に手続きも簡略化されています。

労働者の皆様が不利益を被る場合は、首都圏青年ユニオン連合会にお気軽にご相談ください。

 


「労働問題専用窓口サイト」

電話24時間受付050-2018-1180LINE(認証済)相談可・土日祝でも・深夜早朝でも・いつでも無料相談
退職代行・ブラック企業・残業未払い・不当解雇・有給取得嫌がらせ・パワハラ・セクハラ・労災・外国人技能実習生など労働に関わるさまざまな問題のご相談をお受けしています。

無料相談受付 TEL 050-2018-1180
労働に関わるさまざまな問題のご相談をお受けしています。こちらからどうぞ。

(運営)首都圏青年ユニオン連合会

最新の記事情報が取得できます

今すぐお問い合わせ

労働問題24時間無料相談窓口

即時解決

24時間対応

土日祝もOK